木曜日記

mokuyoubinikki.blog98.fc2.com タイトルは思いつきです  

門前ニテ鯉ヲ喰ラフ

170410.jpg

、、、はッ!

気がついたらまた長野市にいるぢゃないか。
今回は私用ではなくて観光です。

なにを今更感満載などと思ってはいけない。
長野市は深いんですぜ。




170410_1.jpg

たまたま善光寺の1本横道をぶらぶらしてたら発見!
行きたいと思っていた話題の鯉焼き屋。(※鯛焼きではない)
海なし県で佐久鯉の県だから「鯉焼き」。

『藤田九衛門商店』
外観からしてわっくわくー
中も昭和初期な雰囲気で素敵だった。




170410_2.jpg

鯉焼き「垂水(たるみ)」
あんこは大豆ではなくて信州産の花豆を使ってたり
県産の小麦粉や素材を吟味。
焼き型も表裏を変えて立体感を出している。
その季節や月でないと買えない味もいっぱいあるとか。

ぴちぴち跳ねてるみたいできゃわいい。
垂水とは、滝のことだそうです。(ほー)




170410_3.jpg

包み紙もいいなあ。
イラストは仏師さん。
店主の藤田さんは大阪出身、あちこちで修業をされた菓子職人。
そんな方が徹底してこだわって作り上げたわけだから
そりゃあうまくないわけがない。

4月の鯉焼きはきざんだ葉っぱを花豆あんに入れた「桜もち」。




170410_4.jpg

さてもうひとつ気になったのが
「月艸の雫(つきくさのしずく)」

ラピスラズリのさざれ石みたいなコレは
つゆくさの花の砂糖漬けだそうです。




170410_5.jpg

あのはかない花が砂糖漬けになるとは。。
ほぼ味はないけど、口の中でほろほろ消えていくような感じ。
もちろん着色料や保存料などは使ってない天然の色。
つゆくさの花を摘み取るのは時間とタイミングの勝負だそうで、
そりゃそうだよな。

行くと必ずなにか見つかる。
長野市(特に善光寺界隈)散策はやっぱり楽しいおもしろい。



■藤田九衛門商店





  1. 2017/04/10(月)|
  2. たべもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

cidre~シードル

Author:cidre~シードル
ヘソ曲がり
気まぐれ
のたのた
マイペース

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

links



ブログ内検索

archives

最近のトラックバック