木曜日記

mokuyoubinikki.blog98.fc2.com タイトルは思いつきです  

ひさびさびさパン教室

110626.jpg

6月のパン教室。
忘れてないよ~
5月もスケジュールが合わずに流れたので久しぶり。

『キャロットブレッド』
初期に習った(はず)の復習。
完ペキ忘れてた。

休日にほぼ食べちゃったので残りですんません。(汗





110626_1.jpg

『スイートフルーツ』
むこうでひっくり返ってるのは仕様です(嘘
裏面の方がフィリングがよく見えるので。

いろいろ入ってるのがわかるかな?
ミックスフルーツとかアーモンドとかをラム酒で合わせて生地で巻き巻き。
巻き方不細工とかそういう方へは行かないように。

仕上げはトッピングにカスタードクリームにょろにょろ。
甘さ控えめでおいしい。





110626_2.jpg

『チーズジャーム』
チーズジャムでわない。
チーズジャムがあったら食べてみたい。

ジャームとは小麦胚芽のことだそうです。
生地にチーズと小麦胚芽とハチミツがたっぷり入っているので
地味だけど、噛みしめるとどんどん味が濃くなってくうまいパン。

ハサミで花型に作ってあるんですけど。。
焼き込んだ色といい、たくまし過ぎなマッチョな花。





110626_3.jpg

『ちょこぼうず』
ぼ、ぼうずですか?(汗
ストレート過ry

絶対指令は坊主の◎◎◎のようにチョコ掛けをツルツルつやつやにすべし!
んなこと私にできるわけが。
不格好な頭の坊主がいっぱいできたよ。
フチやまわりにまでチョコ掛けてどうした。ほっといてくれ。

両サイドにいる坊主の表面の細かいブツブツは、冷やしておいたので結露です。
これだけは冷蔵庫のせいだ!(……





110626_5.jpg

中はこんな感じ。
ヘーゼルナッツパウダーをたっぷり入れて焼いた生地がものすごく香ばしい。
1日位冷やした坊主は、生地にチョコが沁み込んでしっとり。

坊主うまかった。






  1. 2011/06/26(日)|
  2. どシロートのパン作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

夏至

110623.jpg

きのうは夏至だったそうで。
なるほどあの暑さはそれですねそうなんですね。

冬至=かぼちゃですが
夏至の食べ物ってあるんだろうか。





110623_1.jpg

今日も暑かった。
むしむし。

水浴びしたい~!!
そこちょっと代われ。






  1. 2011/06/23(木)|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

浪花のバラ

110620.jpg

これで一発OKです。







   ≫more
  1. 2011/06/20(月)|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

1ヶ月遅れの

110616.jpg

birthdayプレが白あずきさんからキターーーーー!!!
安心と信頼のうめ様検印済。

1ヶ月だろうが1年だろうが歳取るのが遅れるんなら大歓迎。
え、気のせい?

なななんだこの箱箱宝の箱わ!おちつけ自分(笑



110616_1.jpg

うう、うめ様にそのように祝っていただけるなんて(感涙
アーンド仔にゃんこズ(*´Д`)ハアハア



110616_0.jpg

manhattaner'sですね。大好きです!
この方って画風広いよね。

これのマグカップ持ってたはず、どこ行った。
気持ちよさそう~



110616_3.jpg

迫力がポストカードを越えて1枚の絵画ですね。
ふっふっふ
はっはっは
田窪恭治さんのタッチって感性の中にどこか知的なかほりがする、たまらん。
すばらっすい。



110616_4.jpg

どっキャーーー☆☆☆☆☆
神坂雪佳!!
わんこズのクリアファイルあるんだ!(嬉
でんでん虫に興味深々の白も、こっそりこっち見てる茶の仔もきゃわいいんだよね。



110616_5.jpg

裏も凝ってました。
この人の男性の羽織裏みたいな斬新な意匠や色使い大好きなんですよ。



110616_6.jpg

なにやら食いつきたくなるショップが。
『yuyujin』

このガラス作家の村松学さんすげえ気になるんすけど。
要チェックつうことですね、了解!



110616_9.jpg

これっ!
2色のチーフ重ねでものすごくすごく素敵なラッピングだったのに~~~
がっついてマッハで開けてしまって激しく後悔orz
撮っときゃよかったバカバカばか。

大ぶりのカップ。
『小代焼』井上尚之さん。
知りませんでした。
ググッた。
日本のスリップウェアの継承者なんだ。
色合いとか模様とかもろワタシ好み!!



110616_7.jpg

うわっち。
もうないと思ってたらうさっこが大量に潜んでた!おまえらぁ~(嬉
ようこそようこそ。
食ってやる(違
しばらくはちまちま見て楽しむぞ。



110616_8.jpg

それからなんと。
キットカットうめ様ver.が!
こ、こんなむさくるしいところに。下僕殿は心配してませんか?
お越しいただいて本当によろしいんでしょうか(恐縮



110616_10.jpg

さっそくカフェオレいただきました。
これから夏なら冷たいスープや冷製茶碗蒸しとかもいいかも。
ジェラート系もよさげ。


白あずきさんありがとう!!!
箱の中から出てくる出てくる宝物状態。
見せ落ちはないだろうかとあせるほど(汗

今年の誕生日はいつもとぜったい違うぞー、いえーい!

ズザー⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡  でお礼!!!



110616_11.jpg

御意!
うめ様。






  1. 2011/06/16(木)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ブラス!younger generation

110613.jpg

姪っ子が入ってる高校の吹奏楽部のコンサートへ行った。

私も中学時代に少しだけ吹奏楽部に在籍してたけど
いや~、いまどきの高校生のブラスバンドって、初めて聞いたけどすんげえですね。
すばらしい演奏!予想以上に感動してしまいました。

今年は定期演奏会30周年記念ということで、いつもより濃い内容。
OB部員や先生、そこからプロになった演奏家の方々も招待してコラボしたり。




110613_6.jpg

当時は若かったであろう白髪の初代の顧問の先生がタクトを振った
「ロンドンデリーの歌」(Danny Boy)は、流れるような指揮の下で本当に美しかった。

この曲、映画『ブラス!』の中で長い炭鉱就労が原因で病に倒れた
指揮者役のピート・ポスルウェイトが療養している病窓の外で、
解散を覚悟した団員達が演奏するんですよね。
聞きながら思い出しました。
その名優も今年初旬に鬼籍に入ってしまった、、合掌。




110613_0.jpg

伝統にのっとりすべて部員たちで企画、設営したコンサート。
オトナ顔負け。

フレッシュでまっすぐな演奏はさわやかなど迫力で
オバチャン元気もらいました。






  1. 2011/06/13(月)|
  2. みるきくいく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コリントスのうさぎ

110610.jpg

パシリ届け物の帰り。







   ≫more
  1. 2011/06/10(金)|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

ヤグルマソウ

110607.jpg

矢車草が大好きだぞ。(おい#)




110607_1.jpg

正式にはヤグルマギク。(デジャヴュだ(違 )




110607_3.jpg

行ったことないんだけど、こんな風情で咲いてると
英国の麦畑やら道端やらを連想するんですがどうなんでしょう。




110607_2.jpg

イギリスでは矢車草=cornflower



ボッティチェリの「春(プリマヴェーラ)」の中で、フローラ(花の女神)の
花冠とかワンピにも描かれていて、あの絵の中で一番好きなのがフローラ。
あんまり花の精という感じがしないんすけど、この人だけ実在のモデルがいたそうで。
他の人物よりリアルでアウトドア派か山ガールっぽいなと思ってた(失礼なっ
むしろ三美神の方がきれry
密かにシャギーカットを入れたジョニ・ミッチェルに似てると思っている。
あっドイツやエストニアの国花なんですね。




110607_4.jpg

花にはめっぽう疎いけど、見つけるとつい寄ってってしまうほど好きで
今年もついつい寄っていったというわけです(笑






  1. 2011/06/07(火)|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Hexagram

110603.jpg

シャキーン!




110603_1.jpg

クラフトフェア持ち帰り。
カゴです。小ぶり。

これ、みごとな編み目もめちゃくちゃ美しいんですが
とにかくなにがすごいってしっかり編んであってびくともしない強度!
篭目の編み目とリンクするように、ふちに近い部分を抜いてアレンジして
ヘキサグラム(六芒星)の角みたいになってる。

角にあたる目が空いているにもかかわらず、がっちり度がすごい。
まるで固いプラスチックのカゴのような。(たとえをなんとかしれコラ#)
たわみが一切ない。すげー
作ったのは県内喬木村『工人船工房』の竹職人下澤さん。




110603_0.jpg

たしか「あられカゴ」という名前だったんで
あられ、、がないので友人の鎌倉みやげにもらってあった
豊島屋の金平糖「紫陽花だより」をぱらぱらしてみる。
ふちは藤づるをすき間なく巻いてあって手触りがなめらか。




110603_3.jpg

もう1個。
キーホルダーから鍵をつけたり外したりすることがあるので
取り外しができてそれだけでも使えるものを探していた。

ジャマにならない小ぶりな革製のサブキーホルダー。
新しい革のいい匂い。



どっちも使い込むといい色になりそうな予感と期待と妄想がもくもく。
、、そろそろ現実に戻ろうか、と自己ツッコミしとこう(笑



■工人船工房






  1. 2011/06/03(金)|
  2. 雑貨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

cidre~シードル

Author:cidre~シードル
ヘソ曲がり
気まぐれ
のたのた
マイペース

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

links



ブログ内検索

archives

最近のトラックバック