木曜日記

mokuyoubinikki.blog98.fc2.com タイトルは思いつきです  

薬屋さんのカフェ

091129.jpg


マグネシウム・バンドって何だろう?







   ≫more
  1. 2009/11/29(日)|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:14

リースを買いに

091126_3_20091126204200.jpg

結果オーライ。



091126_5_20091126213022.jpg


『平山郁夫シルクロード美術館』を堪能したあと
オススメの清春美術館近隣のショップへ。

ハーブ&ドライフラワー『清春アンデルセン』。
ハーブもドライフラワーも自分にはほど遠い優雅な世界。
いや、真逆だから憧れるのかも。


091126_4_20091126204219.jpg

クリスマスシーズンのディスプレイ。

クリスマス用のリースがあればいいな~、、と漠然と入ったら
手作りのきれいなリースがいっぱい。
素材はまわりの森や庭の草花から。


091126.jpg

窓からは八ヶ岳。
ひゃーなんていいところ。


091126_b.jpg


091126_2_20091126204150.jpg

3つ候補に挙げてさんざん迷っていたリースを
とんでもねい破格で3つセットで売ってくれた。

い、いいんですか。。。?(汗


091126_7_20091126204231.jpg

ていねいな手づくりリース。
『清春アンデルセン』のオーナーさんありがとう!



091126_8_20091126213829.jpg

逆方向に富士山。
いい天気でした。



091126_9_20091126204246.jpg

2つはクリスマス用、1こはお正月用に、えへへ。
リースだけは今年のクリスマス完璧!



清春アンデルセン








  1. 2009/11/26(木)|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

ガンダーラの美神

091123_20091123202412.jpg

親戚宅へ遊びがてら、八ヶ岳山麓の「平山郁夫シルクロード美術館」へ。
小海線甲斐小泉駅すぐです。


091123_1.jpg

『ガンダーラ ―仏像のふるさと―』展を見に。
平山郁夫夫妻のガンダーラ仏のコレクションを公開。


091123_2.jpg

たしか学校で習ったはずの「ガンダーラ美術」「ヘレニズム文化」。
ガンダーラは今のアフガニスタン~パキスタンあたりだそうで
ここで仏像が生まれた。

ギリシャ彫刻の影響がばっちり残るほとけさまはイケメンぞろい。うおおぉう~♪
(こんな視点でいいのか?)


091123_3.jpg

うっとりしながらゆっくり見ていたら、学芸員の方が説明に来てくれた。

知っているつもりで知らなかったシルクロードの仏教美術。
えっアトラスは金剛力士?ヘルメスって毘沙門天!?
仏陀とディオニュソスや天使がモブってるし。
びっくり納得感動の連続。


091123_4.jpg
091123_7.jpg

それにつけてもガンダーラの仏像の美しさ!
触れられるほど(触っちゃいけませんが)近くで見る本物は溜息もんでした。
1こ欲しい。。

2階は平山画伯の平和の祈願も込めたシルクロードにまつわる超大作を展示。
西と東ってダイナミックに繋がってるんだなあ、とつくづくと感慨。





091123_5.jpg

この方の日本画ももちろん好きだけど
水彩スケッチが大好きで、んで買った絵ハガキそればっか(笑


091123_6.jpg

美術館のロゴマークにもなってるピンバッジ。
かわいいぞ。



この美術館ロケーションも最高です。
もし行くのなら、ぜひ学芸員さんの説明を聞いてみて下さい。
ローマから日本へ、シルクロード文化の壮大な流れが目の前に広がりますよ~


平山郁夫シルクロード美術館





追記_

12月2日平山郁夫さんが亡くなられました。
この美術館で見た氏のシルクロードの大作。
西から東へ、東から西へ、キャラバンの往来が遥かなほど
文化の交流は深くなっていく事を言葉ではなく絵で体感できた、
その感動が忘れられません。
交流即ち平和、そんな思いを受けました。
ご冥福をお祈りいたします。







  1. 2009/11/23(月)|
  2. 美術館とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ダブル的晩秋

091119.jpg

11月のパン教室どぇーす。ちゅーす。

なに?このあいだやったばっか?はぁそう言われればそうですね。
9月にやらなかったロスを帳尻合わせ。
んなわけで今月2回です。

まあいいかげん飽きたころだと思いますので
少し背景を変えてみました。(単なる外撮り)


↑ 『カントリーフェアー』
アメリカの三つ編みパン。
編み目は宗教に関係するそう。

編み目の美しさバランスの良さ、どーですこのツヤ!完璧!美!麗!ネ申!!

、、実わ私のがあまりにもぶっさいくな出来だったので
見かねて先生が自分のと取りかえてくれました。(あ~言っちゃった)


091119_1.jpg

これじゃわからんけど
先生のはきめが細かくて均一でぜんぜん違う。




091119_5.jpg

『バターフレーキー』
おもしろい形。
シンプルに言うと、パイ生地に近いものをカップに入れて焼いたパン。
さっくりしっとりコクあり。

なんというわざとらしいセッティング。




091119_3.jpg

『ロシアパン』
お楽しみのお菓子、今回はパン系。
うすいパン生地にチーズクリーム+サワークリームをたっぷり塗って焼いた
ピザっぽいベイクドチーズケーキ風と言った方がわかるでしょうか。
これおいし~!食べやすい。

なぜ固有名詞がなくてロシアパンなのかは不明。
最近マイブームがロシアだからいいや。

今回はこんがりきつね色が3種類。
さー来月はクリスマス!







  1. 2009/11/19(木)|
  2. どシロートのパン作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

忘れる前に

091116.jpg

えーと、こんな雲が出るのはちと前の季節ですね。
それがなにか?(開き直り)

硬い絵筆で描きなぐったみたい。




091116_1.jpg

雲おもしろ~
駐車場の車の中でグータラ撮り。




091116_2.jpg

ぎゅるんぎゅるんもくもく。
これは別の日。






  1. 2009/11/16(月)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

バスクロスの底力

091112_20091112232728.jpg

bath cloth=風呂敷。
(英語ダメダメ人間のありえない直訳オリヂナル、テストなら軽く0点)
a wrapping clothでしょうか??

ときどきサボりながら細く長く続いているルーシー・ダットン(タイ式ヨガ)。
水分補給のサーモボトル用ケース(ペットボトルケース)を100均で買ったら入らない!
あいかわらず無計画なんだよ。
探して三千里するほど欲しいわけでもなく、けど、持ち歩きにくい。



091112_1.jpg

ふと思いついて風呂敷ビン包みしてみた。
あ、これぴったり。
クロスのサイズが合えば、ぜんぜんこれでOK。
やだ私ってすごい!(おそろしーほどの勘違いヴァカ)

濡れても汚れてもクロスだし
指先にひょいっとかけてらくらく持ち歩き。

(包み方がヘタクソだとかたて結びになっとるとか素直な感想は受け付けません(爆 )




091112_3.jpg

風呂敷の活用は聞くけどいまイチ自分的には思いあたらなかった。
あらためて知るその底力と奥の深さ。

そうです、すごいのは風呂敷と先人の知恵。
風呂敷に不可能と言う文字はなかった。どーん!

おそれいりました、完敗です。



※包み方については、“風呂敷のビン包み”的なワードをググりましょう。(丸投げ)







  1. 2009/11/12(木)|
  2. 雑貨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

霞の晩秋

091109.jpg

11月のパン教室のことです。紛らわしいわい(笑

上のは『グラハムブレッド』
以前にも作った。
今回のはグラハム粉が粗挽きで、焼き上がりのプチプチ感がたまりません。
グラハム粉はビタミン類や蛋白質や無機質が多いんだぞ。

塩といい最近勝手に粗挽き祭り。うれすぃ




091109_1.jpg

『ストロイゼルクーヘン』
ドイツのパン。
薄く均等にのばした生地にそぼろ状のアーモンドの粉がたっぷり。
香ばしい、甘さ抑えめのワタシ好みのお菓子のパン。

、、、薄くも均等でもないって?
ちっ
バレた。
ボカしたつもりだったのに。




091109_2.jpg

『モンブラン』
お楽しみのお菓子。
この名前を聞いたとき、みんなの目の色が変わったのは言うまでもない。
机の下で密かにガッツポーーーズ!
栗たっぷり、ラム酒ほんわり、クリームしっとり。
土台はここでもアーモンドプードルを使った香ばしいメレンゲ。

なんだこの画像。
あの、あのにょろにょろむずかしいんです。
中のクリームまる見え。
左上んのケーキの呈をなしてない。


今回だけではないけど、味はどれも満足だからいいや。
んんんしかしどれも霞をかけたい仕上がり、今回だけではないけど。






  1. 2009/11/09(月)|
  2. どシロートのパン作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

(ちょっと遡って)ドビンのいる風景

091108_g.jpg

4年ほど前の尾道の画像です。

菅健風さんのところで尾道のガイド犬『ドビン』が紹介されていて、
思い出して探したら出てきた。

ドビンは尾道を自由に歩き回るワンコ。
飼い犬だったのがいろんな事情があって、今は町の皆さんが世話しているらしい。
尾道を歩くとどこかで遭遇する名物犬と聞いて。

ほんとにいた!(嬉
犬齢17歳、人間で言えば100歳ぐらいのおばあちゃん。

人懐っこい、モフモフさわらせてくれた。
尾道の皆さんに愛されてるワンコです。


091108_e.jpg

宮島~尾道が、初めてデジカメを買って出かけた旅だったような。
画像荒すぎ(笑


091108_a.jpg
091108_i.jpg

にゃんこもいっぱいいた。


091108_c.jpg
091108_d.jpg

ここは“あの”場所ですね。


091108_f.jpg

この画像CDひっかきまわしてやっと見つけた。
(当時はちゃんと整理してたんだな…)


091108_h.jpg

ドビン、長生きしてね。




※ドビンの年齢間違えた(汗)修正しました。







  1. 2009/11/07(土)|
  2. あにまるず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

激寒文化之日

091104.jpg

文化の日は突然な激寒日。ぶるぶる。
西山が白い。
もっと上の山は吹雪で曇っている。

朝、車のフロントガラスの氷結の固まりを見て自分も固まる。
のたのた暖房準備を怠っていてあわてる。



091104_1.jpg

この日は市民祭。
市内のメインストリートはいろんなイベントやお店が立ち並んでにぎやか。

歩行者天国をお城までぶらぶら。
スゲー人だかりはミス松本とミス藤沢とミス金沢(いずれも姉妹都市)とミスなんとかと
武者行列の中のお姫様。
美女に群がる老若男女の波、ううっ酔いそう(笑



091104_3.jpg

お城の庭園でお茶。
人ごみを離れてほっとする。

正客席でいつまでもくっちゃべっててすいません。
抹茶3杯もおかわりしてすいません。



091104_5.jpg

茶碗は九州の伊羅保焼だって。

お菓子は鮮やかな紅葉のきんとん「唐錦」、、だったと思う。
(食べるのに夢中で撮るの忘れた)


お道具はもちろん秋仕様。
いいですね~


091104_4.jpg

091104_6.jpg

091104_2.jpg

091104_9.jpg

久しぶりに会った人(親戚のおねーさん)としゃべりまくって歩いて
写真偏ってます。
いえほとんど撮ってません。

甲州(山梨県)の彼女によると、やっぱりこっちの方がすごく寒いそうだ。


091104_8.jpg

最後はカフェで締め。
ケーキひとり3個オーダー、完食。
お店の人がびびっていた、、気がするのは気のせいにちがいない。


市民祭なんて行くの10年ぶりぐらいだろうか。
寒い日だったけど楽しかった。






091105_20091105200635.jpg

こっそり追加。

余ったお茶会のお菓子「唐錦」。
(茶席の裏方の母親持ち帰り)

つぶれちゃった。
中つぶあん。







  1. 2009/11/04(水)|
  2. みるきくいく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

cidre~シードル

Author:cidre~シードル
ヘソ曲がり
気まぐれ
のたのた
マイペース

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

links



ブログ内検索

archives

最近のトラックバック