木曜日記

mokuyoubinikki.blog98.fc2.com タイトルは思いつきです  

秋はいつも忍び足でやってくる

150826.jpg

タイトルは某マンガのパクリ。

いや~、涼しくなりました。
(今だけって説もありますが)




150826_1.jpg

山は色づくスタンバイ。
が見え隠れ。




150826_2.jpg

先取り秋色トンボ。

川辺にて、このあと子孫を残す自然の摂理に移る。
管理人野次馬状態。
ただしテンパってブレまくって画像には残せず。





  1. 2015/08/26(水)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0

寒いの5発

141211.jpg

しんしん




141211_1.jpg

ざくざく




141211_3.jpg

がたがた




141211_2.jpg

ぺったり




141211_4.jpg

ぶるぶる

…。

なにが楽しくてこんなクソ寒い絵ズラを。
いえ、冬を見ながらあったかい生姜蜂蜜紅茶飲むのがたまらんのですよ。






  1. 2014/12/11(木)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

鑑識と古事記の関係

141103.jpg

朴の落ち葉は乾いた音を立てる。




141103_1.jpg

カゼ引いて寝込む前に木曽へ行った。

またかーい!
木曽は広いんだぜ。
御嶽山の白い噴煙をはるか彼方に見ながら木曽街道を通って赤沢美林へ。




141103_2.jpg

「自然科学協会」に参加させてもらう。
秋の自然を見つけに。



141103_3.jpg

んなわけで、一般的な遊歩道とは逆方向の山の中へ。




141103_4.jpg

こんな山道をずんずん。





141103_5.jpg

141103_6.jpg

木曽といえば朴葉餅、じゃなくて朴の木。
いたるところにでかい葉っぱが落ちている。
見上げれば天を突くような高い木。

表裏の渋いツートーンの葉っぱ、好きなんですよ。



141103_7.jpg

141103_8.jpg

お昼は友人の手作りおにぎり、おいしかった!
遠足を思い出す(笑

デザートは道の駅で見つけたお菓子。
ちょっと高いけどここらへんでしか買えない。
アーモンドスライスがざっくざくなクッキー。
ポイントに入ってる松の実がなんともいえない風味を出していて
これもうまい。




141103_9.jpg

木漏れ日の紅葉キラキラだったなあ。




141103_10.jpg

朴の実。
ちょいグロテスクだけど初めて見た!
色きれいじゃん。




141103_11.jpg

どんどん透明になっていく葉っぱの樹があるらしい。
(マタタビとか2~3種類)




141103_12.jpg

おんさみたいなこれは「日影の葛(ヒカゲノカズラ)」。
シダ類の仲間で穂の先から出る微粒な胞子(石松子(せきしょうし))は
鑑識の指紋取りに使われる。

あれです、ドラマの殺人事件で鑑識がポンポンやってる白い粉。
まさか山の中で取れる自然のものだったとは。。



141103_13.jpg

軽く触れてもぶわわっと細かい粉が舞う。
わかるかどうか、白い煙みたいなのかそれ。




141103_14.jpg

これが本来の本体(?
杉かなんかの芽だと思ってた。
なんで地面はってんだろうと(汗

日影の葛は古代より神事にも用いられていたそうで
天照大神が隠れた天岩戸の前で踊ったアメノウズメノミコトの冠が
これだったとか。

鑑識ポンポンとウズメノミコトの接点が自分的にいまひとつ見いだせないんですが(笑




141103_15.jpg

この山のもう少し奥の方から樹齢ン百年のヒノキが伊勢神宮式年遷宮の御用材として
調達された。
(もちろん一般人立ち入り禁止区域)




141103_16.jpg

141103_17.jpg

141103_18.jpg

アケボノソウ。
蜜が多くて虫に大人気。

最後の最後で見つけた多分今年最後の一輪。




141103_19.jpg

木曽で買う定番は「とんがら味噌」。
リピするスタンスが数年ぐらいんなんだけど、そのたびに
パッケージとビンが微妙に変わってるんだよな。
(ぺったんこビンだったり壺模様ビンだったり)

このデザインも好きです。
「七笑(ななわらい)」は木曽の銘酒。
さすが造り酒屋さんネーミングセンス最高とずっと思ってた。
ところが七笑は実在の地名だった!ことが今回判明。(ローカルネタだなあ)

ガイドをしてくれた物知り先生からそんなこんなを色々教えてもらって
めっちゃくちゃ勉強になった。


木曽の道の駅もいくつか立ち寄った。
思いのほかお客さんが多かった。
離れてるから噴火の灰もここまではほとんど来ないよとお店の人のコメント。
旬の丸々した特産の白菜、帰りに寄ったら売り切れ;;
道の駅おそるべしっ






  1. 2014/11/03(月)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ひとあし早い紅葉

141019.jpg

山粧う10月になにをもってひと足早いなどとぬかすのか。
実は先月の話なのでそこんとこは大目に見てやってくり(汗

9月のとある日、紅葉を見に乗鞍へ行った。
(去年だかおととしも行ったな。)

青天白日な乗鞍の位ケ原山荘で絶景を見るの図。
カーブの景勝ポイントに位置する名山小屋、大好きです。




141019_1.jpg

こんな風景が見える。




141019_2.jpg

141019_14.jpg

この日は朝もやの残る尾根の重なりがきれいで長いこと眺めてた。




141019_3.jpg

むりやり早起きしてよかったぜ。




141019_4.jpg

ちょっと上の方へ。
雲ひとつないいい天気。
残る雪渓。




141019_5.jpg

よく見るとスノボやってる。




141019_6.jpg

いきなり飛んできたなんかの鳥。
たぶんホシガラス。




141019_7.jpg

あっ紅葉でしたね(汗




141019_8.jpg

141019_9.jpg

キラリーン☆




141019_10.jpg

141019_11.jpg

いい天気だったんだよな。




141019_12.jpg

うち捨てられていたキノコ。
毒キノコのベニテングタケ。




141019_15.jpg

141019_13.jpg

再び位ケ原山荘に戻って外のテーブルでお茶。
あったかいココアが沁みる~






  1. 2014/10/19(日)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

彷徨(さまよ)う月

141009_0.jpg

先月にひきつづき月です(汗

きのうはこっちでも皆既月食がきれいに見えた。
ちゃんと見たのははじめてかもしれない。




141009.jpg

ふーんこうやって欠けてくんだ。
駐車場や道端でみんな空を見上げていた。




141009_1.jpg

彷徨ってる彷徨ってる。
わっはっはorz






  1. 2014/10/09(木)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏の終わりの翠色

140906.jpg

何年ぶりかで木曽の阿寺渓谷へ行ってきた。




140906_1.jpg

雨上がりではあったけれども水は相変わらずきれいだ。




140906_2.jpg

日が出てくると明るさで青みが増す。




140906_3.jpg

140906_11.jpg

森林鉄道の廃線は変わらない。




140906_4.jpg

もにょる水面夏バージョン。




140906_5.jpg

ボケていてももにょリング。




140906_7.jpg

ちょっとばかし「越した」かな。




140906_8.jpg

色スポット。
「ワンコ返しの淵」




140906_9.jpg

クロムダイオプサイドの色。
う~ん、好きだ(笑




140906_10.jpg

紅葉はすでにこっそりと。





  1. 2014/09/06(土)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

乾鮭色(からさけいろ)

20140331.jpg

↓1こ下の寒い続き。

ビニールハウスの逆側は池。
まだまだ華やかな色はありません。(つかこれ年明け;)




20140331_1.jpg

暮れる前の西日。
さむいのなんの(笑




20140331_3.jpg

20140331_2.jpg

寂寞感(と言っていいのかな?)ハンパない。




20140331_4.jpg

もっと寒いの。
池の入口。
ほれほれ(笑




20140331_5.jpg

こんな風景も、来月後半は桜満開の名所になる。








  1. 2014/03/31(月)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

逆噴射ビニールハウス

140323.jpg

あ、まちがえた。

逆光ビニールハウス。




140323_1.jpg

春になる前に冬物大棚ざらえ。(またかよ)

正月のけはいが漂ってるのは気のせいだな。




140323_2.jpg

西日でも寒い。





140323_3.jpg

グラデーション。




140323_4.jpg

となりの池には厚くなる予定の氷。





140323_5.jpg

そんでもって




140323_6.jpg

続くかも春なのに






  1. 2014/03/23(日)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

湖氷が溶ける日

140314.jpg

2月末の木崎湖。

大雪の後、まだまだ真っ白。





140314_1.jpg

絶賛冬真っ最中だけど、日当たりのいい場所から雪が溶けはじめる。

天気いい日はいろんな情景が楽しめる。





140314_2.jpg

全部じゃないけど湖の氷も溶けはじめる。

これも氷の造形。
ときどき「カポッ」とか「グヴォヴォヴォッ」とか「ボボボーボ・ボーボボ(違)」とか
けったいな音を立てて氷が溶けて割れる音が響く。
おもしろい。





140314_3.jpg

影があったかく感じるのは日射しが前より強くなったからかも。





140314_5.jpg

うーむ、

好きだ(笑





140314_4.jpg



140314_6.jpg

雪の反射のキラキラを撮りたかった撮れんかった(泣





140314_7.jpg

やっぱり好きだ。






  1. 2014/03/14(金)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

もにょる水面

140131.jpg

↓の昼めし食べてすんき買った宿のすぐ裏には
「木曽白川氷柱群」という氷のつららが連なる絶壁がある。

今年はあったかくてずいぶん解けてた。






  1. 2014/01/31(金)|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

cidre~シードル

Author:cidre~シードル
ヘソ曲がり
気まぐれ
のたのた
マイペース

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

links



ブログ内検索

archives

最近のトラックバック